4月25日のリハレポ

ハレルヤ~♪
4月25日のリハレポ執筆の命を受けましたナリタセイコです。
(3月に初めて見学させて頂き、今回3回目のリハ参加でした。)

私は5分程遅れてしまったのですが、リハは前回同様ストレッチと発声練習からスタートしました。
頭の上で大きく腕を動かして手拍子でリズムをとったり、'Oh Happy Day'の後半部にもある
手拍子&足踏み鳴らし等もあったのですが、手→足、と頭で考えてしまうと結構難しかったです。

発声練習の後のリハでは29日のマシューさんの結婚式で歌う'Lord, I lift Your name on high'、
「君は愛されるため生まれた」、'Oh Happy Day'の3曲を練習しました。
どの曲も新しい出発の日ををお祝いするのにふさわしい明るい曲ですが、
特に「君は愛されるため生まれた」の「君の存在はわたしにとってどれほど大きな喜びでしょう」は
手に手をとって歩まれるお二人にぴったりのフレーズだと思いました。
(ちなみに本日本番に参加して来ました。とても素敵な披露宴で、初めてお会いする方がほとんどでしたが
4団体・総勢約25名(?)で心と声を一つに出来ました。マシューさん、改めておめでとうございます。
末永くお幸せに(^^))

今回のリハでは、発声のコツとして、下半身の筋肉をフル稼働して、上半身は
リラックスすることが重要となぽさんに教えて頂きました。
大きい声を出そうとすると力んでしまいがちですが、声帯だけを酷使せず、身体全体で歌うよう
心掛けたいと思います。

由美子さんのバイブルスタディーでは、ルカによる福音書10章38~42節、12章25節~31節、
マタイによる福音書26章6節~13節が紹介されました。ルカによる福音書10章にはマルタとマリヤ
という対照的な性格の姉妹が登場しますが、妹の居る私には特に興味深い章でした。
同じ両親の元に育ちながらも不思議と性格はかなり違うのですが、それぞれを個性と受け止め、
神に愛される存在と思えば、時にイラっとくることも大きな心で受け止められるかなと思いました。

最後に、新曲「新しいちから」を練習しました。
アップテンポでラテンの香りのするこの曲はこの業界では楽しい曲調で有名な「ピアノコウジさん」という
方の作曲だそうです。クラシック調のゆったりとした曲からアップテンポな曲まで、ゴスペルの幅は
広いな~と思いました。

リハ終了後のお茶の時間には、バイブルスタディーの時間から引き続いて、出席メンバーの兄弟トークで
盛り上がり、楽しかったです(長男・長女vs次男・次女の『あるあるトーク』で白熱しました (^^))。

本日よりゴールデンウィークでお休みの方も多いと思いますが、良い休暇をお過ごし下さい!

次回のリハは5月15日(土)、御園教会です。
[PR]

by kamataminiovc | 2010-04-29 22:15 | リハレポ