<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3月27日のリハレポ

こんばんは。
待ってる人も待ってない人もお待たせしました!3月27日のリハレポです担当はMr.OVCではなく、ミスター腰痛です!

今日のテーマは静○県です!
はい。ちょっと先走りました。このお話は後ほど。

その日はいつもより人数が多かった。
でも欲を言えばもう少し…。なんて(^^;
その日の練習はナポリンズ・ブート・キャンプから始まった。
(メンバーの体で取るリズム感向上のために隊長が取り入れた)
誰も彼もが強制入隊であります。Σ(;゜д゜)
BGMに乗せて右へ左へ東へ西へ└|≧∇≦|┐ ┌|≧∇≦|┘
こ、これは…。エ、エアロビか…(^^;
そんなこんなでエクササイズ終了!
皆が息を荒げる中(ウソ)、間髪入れずに発声練習へ突入!
いつものように唇プルプルさせたり、横隔膜拡げてみたりでヴォイトレ終了!
そしていよいよ曲を練習していきます。
この部分はスペースの関係上省略とさせ…
すいません。ちゃんと書きます!

1曲目は『君は愛されるために生まれた』
ステキな歌詞ですね。ボクもこの曲は、とある老人介護施設で歌ったことがあり
ます。
その時、会場は涙に包まれていました。愛で包まれていたんだと思います。
「君」の部分を「私」に置き換えてみてもまた良いとおっしゃってましたね。
早く皆でちゃんと歌えるようになりたいですね。

このあと、バイブルタイムに入りました。
イースターが近いということもありイースターに絡んだ箇所を学びました。
・マタイによる福音書 27章46~54節
・十字架上の7つの御言葉
改めて神の力を知りました。

2曲目は『Lord, I Lift Your Name On High』
「御名をかかげて」ですね。
先ほど学んだことを歌いました。
スゴくタイムリーな曲となりました!よみがえられました!

3曲目は『Oh Happy Day』
この曲はゴスペルソングとして最も有名な曲と言っても過言ではないでしょう。
ゴスペルと知らずにこの曲を歌ってた人も少なくないでしょう。
神に感謝感激雨霰な曲です。その喜びを歌える曲なんです!

ボクは指導を受けましたけど。(表情がカタイ!?そんな感じの)
体育館の裏で…。はい。ないですよね、体育館。
隊長が美しすぎてテレてただけです。たぶんそう。
でもポーカーフェイスが売りだからしょうがないんです。以後気をつけます。

個人的にはどれも一度は歌ったことのある曲でしたが
前に覚えていたのと少し違う箇所がありました。
そんなのもおもしろい所なんですけどね。

練習はこれにて終了!コーヒータイムへ。
ここでようやく今日のテーマが登場します。
ナポさん曰く静○県はスパルタ教育地区!?
小学校で泳げない生徒がいないとか…。
小学生なのにバタフライもお手の物とか…。
スポーツに関してだけなのかΣΣ(・エ・`ノ;)ノ
ネットで調べてみたけれども突き止められませんでした。
これは今後、試験に出ますからよく勉強しておくように。(なんの試験やねん!

この先さらなる検証が必要なようですねヾ(o´▽`)ノ

以上、のぞみ教会よりお伝えしました。

P.S.アポロくんはいつものようにマダム達にイジられておりましたとさ。めでた
し、めでたし。
[PR]

by kamataminiovc | 2010-03-30 20:05

3月6日リハレポ

ハレルヤー!ちょっと遅くなりましたが3月6日のリハレポです。

この日はストレッチで体を温めた後、ウォーミングアップ代わりに「Bless the Lord with me」からスタートしました。この曲は元気に主をほめたたえよう!という感じで楽しい雰囲気に包まれました。最初は歌詞カードを見ながら歌っていたけれど、歌ってゆくうちにだんだんと歌詞カードは下に置いて振付しながら歌うようになりました。

次に「Rejoice, Be glad」を歌いました。詞の中に「晴れでも雨でも問題ない」とあるように、いつでも神様から与えられた一日を喜び歌うということの重要さを教えられます。ちょうどこの日は雨だったけれど、雨だから憂鬱だなあって思いがちだけれど、実はそうじゃないんだってことを教えられました。変な例えだけれど、神様は24時間営業なんだよねーって気付かされます。

最後に「Calling You」を歌いました。この曲は英詞の部分で「save a wretch」という所があるのですが、みじめな、ちっぽけな、罪にまみれた私達を救ってくれたという意味で本当にかけがえのない存在の方がおられる、その方にすべて委ねればいいという安心感を与えてくれます。曲調もすべてを包み込んでくれるような安心感を与えてくれます。(だけど「save a wretch」の部分は早口言葉のような感じで難かった…)

今日の聖書の個所はヨハネによる黙示録3:14~22からでした。私達の住んでいる日本のような恵まれた社会で「私達は富んでいる。乏しいものは何もない」とつい言ってしまいがちですが、確かに目に見える物、お金などはあったとしても、一向に減らない自殺者の数からみても目に見えない心、人のつながりなどは欠けていると言わざるをを得ません。見えているようで本当は見えていない、聞こえているようで本当は聞こえていないのではないのでしょうか。

「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする」私達の心のドアをノックする神様の声を聞くことの大切さを教わりました。神様はいつでも一緒にいてくださる心強い存在なんです。

心のドアということで最後に歌った「Calling You」と世界観が一致することもあり、非常に実りの多かったリハでした。また、新しいメンバーも与えられ益々楽しくなってゆきそうな予感があります。次回のリハは3月27日です。まだまだ寒い日が続いていますが、このくらいになったら春の風が吹いてくるかなあー。

以上、リハレポでした!
[PR]

by kamataminiovc | 2010-03-09 23:14 | リハレポ

2月27日リハレポ

2月27日のリハーサルをレポートします♪

前回のリハーサルも雪&雨でしたが、今回もお空は雨模様。
でも、前日に「初の取り組みをする予定ですー」というメールが来ていたので、期待半分・不安半分(何か分からない新しいことって、どきどきしませんか?)でリハに向かいました。

人数は少なかったのですが、お祈りをして、「初の取り組み」からスタート。
Gospel aerobics♪
うーん、苦手分野・・・なぽさんを見ながら動こうとしても、身体の動かし方がよくわからない・・・と「最初は」思いました。
でも大丈夫です!楽しいです!!!(運動が大の苦手な私でも、楽しくついていけた!)
普段しない動きをするということは(私は)緊張しますが、身体は喜んでいるようです。終わった後、なんだかすっきりしました。
身体を動かし・伸ばした後に力の抜けた状態を感じると、いかに余分なところに余計な力が入っていたのかも感じさせられます。

発声練習の後は
♪Shout To The Lord
Verseは英語も日本語もユニゾンで、Chorusは3声に分かれます。
Verseをみんなで歌い、その後Chorusをパートごとに音取りしました。
無事に?音取りもできて、最初から通して歌いました。
各パートにメンバーがいて、少人数でもハーモニーを作り上げられたこと、恵みだなぁと思いました。

その後、今回はmatthewさんが証をして下さいました。
その道を通った人にしか語ることのできないであろう、リアルなお話でした。
私は、「陽が射す隙間もない厚い雲に覆われている!」と思ってしまう時でも、神様は光を射して希望の道を開いて下さる。だから「どんなことがあっても空を(神を)仰ぎ見たい」と歌えるのだな、と『光あれ』の歌詞を考えさせられたりしました。

そして後半は
♪光あれ
今回は、まずは転調する前までを(記憶を頼りになんとか)歌い、
転調してからアカペラのようになるところまでを中心に、パート毎に音を確認しました。
パートが1人しかいないと、不安も募り必死になってしまいますが、そのぶん集中して取り組めた気もします。そんな姿勢も必要だな、と思いました。

最後は
♪Shout To The Lord
♪光あれ
をそれぞれ通して歌いました。

じっくり曲に向き合い、証で語られたことを反芻しつつ、神様と自分との関係を考える・・・そんなリハの時間を過ごさせてもらいました。

次回のリハは、3月6日の10時30分~。場所はのぞみ教会です。
[PR]

by kamataminiovc | 2010-03-01 23:55 | リハレポ